トップ須磨区/団の紹介神戸第23団

神戸第23団

神戸第23団

もともとの神戸第23団は終戦直後の昭和25年に須磨区の月見山周辺を活動拠点として産声をあげ、以来須磨の地の近隣の子ども達が増えるのに合わせて分封を重ね、最終的には孫・ひ孫団を合わせて8つの団を誕生させました。しかし、旧市街地のドーナツ化減少や子どもの数の減少、そして指導者の減少のために活動を停止して20年近くの月日が流れました。その間、分封により誕生した新しい団は、それぞれの活動地域でしっかりと活動を継続してきましたが、昨今の急激な少子化と子ども達や親御さんの青少年活動の選択肢の多様化のために、スカウト数が減少し活動を展開することが難しくなってきました。そんな状況の中で、もう一度スカウト活動の原点に返り、本来のスカウティングを子ども達に提供したいという広い考えの下、須磨区と長田区の6つの団の代表者や指導者の気持ちが呼応し、組・班の活動ができる形の新しい団を結成することになりました。6つの団で話合いを続けた結果、どこかの団号を引き継ぐのではなく、須磨区のスカウト活動の原点である「23団」という団号を復活するという形で平成22年4月に新生神戸第23団は誕生しました。以来、須磨区と長田区という広範囲の地域をかかえ、従来の地域活動を有効に取り入れ、月見山浄徳寺を本部に活動を展開しています。子ども達が増え本来の組・班の活動ができることで、親御さんの興味を増し、人が人を呼ぶという形でスカウトの数も増えています。2年経過し、これからが本当のスカウティングができる状況になりつつあります。今後も6つの団の指導者が協力し、切磋琢磨して、しっかりとスカウト活動に取り組み、立派なたくましいスカウトを育てていきたいと考えています。

連絡先伊木 紀世子
TEL080-1448-5524
e-mailiki@bs-hyogo.gr.jp