トップ須磨区/団の紹介神戸第77団

神戸第77団

神戸第77団

ボーイスカウト神戸第77団は平成3年に旧市立青陽高等養護学校の生徒及び卒業生で障がい児団として、初めて兵庫県下で設立し現在も活動をしております。

ボーイスカウトは、何らかの障がいのある子ども達と障がいのない子ども達の間には差別なく、 男女平等に年齢や学年に応じて、誰でもボーイスカウトに入ることができます。 スカウトの集会や活動は、学校の余暇を利用して活動を行っています、心身に何らかのハンディーのある子ども達の自立支援ために、ボーイスカウトは制服・ネッカーチーフを身に付け「いつも元気」を合言葉に、歌・ゲーム・ハイキング・飯盒炊さん・キャンプ・舎営などの活動を行い自然環境にしむ運動を行っています。

ボーイスカウトは4年毎に、全国規模の世界ジャンボリー・日本ジャンボリー・日本アグーナリー・県連キャンポリーなどが開催されます。 第11回日本アグーナリーは、滋賀県竜王町「希望が丘公園」で開催しました。全国のスカウトや海外からのスカウトも参加し、全国から多くの大学生・高校年代の奉仕スカウト支援により 舎営や野営キャンプなどを行い、場内プログラムや場外プログラム多くの障がい児スカウトたちが挑戦し楽しい4泊5日キャンプ生活を行いました。

団の運営は、保護者会議や団運営会議で年間活動計画を立案し、スカウト達には毎月プログラム を行い、集会や行事に参加し訓練計画に基づき活動を行っています。

活動費等は、極力少なく実費を中心に明確な会計に努めています。

連絡先団委員長 武貞健治
TEL090-3283-5859
e-mailtakesada-bs-@iris.eonet..ne.jp